チラシの効果(反応率)はどのくらい?

チラシを配布する際に最も気になることは、チラシの費用対効果を考えると、反応率ですよね。
平均としては、チラシの反応率は、0.01%~0.3%と言われており、これは10,000枚を配布して1~30人から反応があることを指しています。

 

しかし、配布する地域や時期、ターゲットによって変わってくるものでもありますので、事前の準備段階で設定した数字をクリアすることが重要です。
また、業種や業態によっても反応率は変わってきます。
一例として、チラシを見た数字、チラシを見て行動を起こした数字を見てみると、生活に密接しているもの、つまり消耗品の方が、反応率が高いという結果が出ています。

 

季節、ターゲットが何を求めているかを考慮する必要があります。
情報量が多い、(商品であれば)掲載商品が多い方が、反応は上がりますが、詰め込み過ぎは避けたいところです。
インパクトを与えることを意識して訴求することが大切です。

分析会議の様子

 

チラシの効果測定はどうやってすればいい?測定できる仕組みを作る

費用対効果を考えると、チラシの効果測定も欠かせなくなります。
チラシを配布して終わりでは、何がどう効果を示したのかわからないので、効果測定を行い、反応を分析しながら継続的に行うことが大切です。
では、どのような方法で効果測定を行うのでしょうか。

 

【チラシの効果測定の方法】

・チラシを配布する地域の特性を知る
・配布先を把握してニーズを掘り下げる
・地域の住人、世帯構成について調べる
・ニーズに合ったチラシの内容にする
・チラシの配布した日とそうでない日との比較
・掲載商品の売れ行きの測定
…など

 

チラシを見て訪れたかどうかは、来店や相談、サービスを受けに訪れたお客様に何で知ったかを尋ねたり、アンケートを実施したり、チラシにクーポンを付けることも方法のひとつです。

 

どんなデザイン、キャッチコピー、媒体、地域が、反応が良かったのか、配布時期はいつがベストであったのか、などを検証することで効果的なチラシ配布が仕上がっていきます。
チラシの効果測定ができる仕組みをつくることも欠かせません。

チラシの料金の相場は?

商品に興味を持ってもらうためにイベント時や店頭で配る、集客のために店頭や人が集まるスポットに置くなど、チラシを販促に使うケースは多岐にわたります。
昨今、さまざまなソフトやアプリケーションが発達し、その道のプロでなくてもチラシ作成を行うことは以前より難しくなくなってきました。

とは言え、より目立つためにデザイン性の高いものを望む場合は、デザイナーへお願いした方が効果は期待できるでしょう。
その場合もどの程度つくり込むか、手間や工数により相場は異なってきます。

 

印刷会社も多種多様で、TVCMでお馴染みのネット印刷も普及し、気軽に見積り依頼が可能になっています。
デザインから印刷までを請け負っている会社もあり、費用対効果を考えるならば、この選択もなかなかおすすめです。

どのチラシにするかの会議

 

チラシのおすすめの配布方法は?

チラシを作成したら、いよいよ配布となります。
単に配布と言ってもその方法はさまざまです。
店頭設置、個別ポスティング、該当配布など、それぞれに特徴があります。なかでも店頭設置(置きチラシ)が最も費用対効果が高く、おすすめです!

 

店頭設置とは、店舗内に設置することで、興味のある方に手に取ってもらう方法です。
費用対効果が非常に高いのが特徴で、無駄にばら撒くわけではないので、不要なコストを抑えられる点がメリットと言えます。

店頭設置のその他のメリットは以下です。

・手に取ってもらえれば、効果倍増
・売り込まれている気がしないから、手に取られやすい
・商圏を幅広くカバー

 

興味のある人なら手に取ってくれる、だからこそ、置く価値があるということです。
また、人の集まるところに置くことで、商圏を幅広くカバーできます。
先に挙げた、個別ポスティングなどの費用を節約できる点でも経済的です。

 

ただし、見てもらえるところに置かなければ、他の広告より劣るものになってしまいます。
さらに、見込み客が訪れない場所に置くことも避けたいところです。
では、どうすれば良いのでしょう?

 

費用対効果の高いチラシ配布をするためには、その道のプロであるチラシ販促ナビに頼るという手がおすすめです。
見込み客の目に触れやすい置き場所を提案してもらえます。
また、置きたい場所に置くサポートもしてもらえます。
「チラシをどこに置いたら良いのかな」
「チラシの置き場所を探している」
「悩むな〜」という方は、チラシ販促ナビに相談してみることをおすすめします!