チラシの反応率の平均は?

まず、チラシの反応率とは、チラシを配布した場合、何人の方から反応を得られたかというものです。
この反応率の平均は、1,0000枚を配布して1~30人から反応を得られたらまずまずと言えます。
つまり、チラシの反応率は、0.01%~0.3%が基本となってきます。

とは言え、業種や業態、配布する地域によっても差は出てきます。
また、数百円のものを売るためのチラシと、数千万円の住宅を販売するチラシで異なるのは当然ですよね。まずは、誰にそのチラシを届けたいか。そして、その人が興味を抱くもの、不便、気にしている点は何か。そういったことも大事になってくるはずです。

チラシを配布する際は、この反応率を意識することも重要です。
不特定多数の方に配布する反応率と、見込み客に向けて配布した反応率とでは異なってくるので、そういったことも加味しながら、チラシの反応率を考えてみましょう。

費用対効果をイメージした画像

 

良いチラシとは?

良いチラシ、理想的なチラシとはどういったものを指すのでしょうか?
やはり、

・目立つもの
・思いがけず手に取りたいと思うもの
・目を引くデザインのもの

などが挙げられます。
個人的な趣味や思い思いのものを仕上げているだけでは、チラシの反応率を高めることはできません。
必要な要素をおさえた上で、チラシの反応率を高めていきましょう。

チラシに必要な要素

・キャッチコピー
・デザイン性の高い見た目
・行動を促す文章
・お客様の声
・発信者の思い
・連絡先
・サービス名

…など、必要な要素は少なくありません。
また、思いの丈を連々と綴っているだけではいけません。
なぜなら、チラシの文言をすべて読み込む方は稀だからです。

チラシを受け取った方のほとんどは、数秒で必要か不要かを判断しています。
捨てられないためにも、読もうとしなくても目に止まるキャッチコピーに注力することは重要です。

商品をピックアップする場合は、そのものの写真を掲載することも効果的です。
また、お客様がサービス・商品を購入することで得られるメリットを記載することで、チラシを見た方の反応は変わってきます。

 

反応率を高めるコツ

チラシの反応率を高めるためには、まずはターゲットや広告の目標を明確にすることです。
誰に何を伝えたいか、訴えたいか。
興味のない方にチラシを配布しても望む効果は得られません。
新規顧客なのか既存顧客の充実なのか、それが明確になることで、掲載する要素も絞り込めます。

 

要素が固まれば、伝えたいことがシンプルになります。
何を伝えたいか一目でわかるチラシを作ることができます。
先述したようにキャッチコピーやデザイン、写真、メリットなどを際立つようにすることで、チラシを受け取った方に響きやすくなります。

 

チラシは配布して終わり…ではなく、そこからも重要になります。
配布後には効果測定を行うことをおすすめします。
例えば、チラシの内容、配布時期、配布部数、配布地域などのデータをベースにし、どのくらいの反応が得られたかを集計していきましょう。
そうすることにより、反応率を高めていくことができます。

 

分析をイメージした画像

 

チラシを配布する方法を工夫しよう

チラシの配布は一度で大きな効果を得られるわけではなく、効果測定を行い、反応を分析しながら継続的に行うことで効果を大きくしていくものです。
また、チラシを配布する地域の特性を知ることも重要になってきます。
配布先を把握してニーズを掘り下げることもチラシの反応率を高めるポイントです。

 

配布地域にはどんな店舗や商業施設があるか、住人のライフスタイル、世帯構成についても調査し、地域の特性を把握すべきです。
それらがわかることでニーズに合ったチラシを作成することができますので、複数回にわたって配布する場合は、内容やデザインの見直しも定期的に行いたいところです。

 

現状の販促に満足していない方や模索している方におすすめなのが、チラシのプロであるチラシ販促ナビ
に相談をしてみることです。
気軽にメールから問い合わせができ、それぞれの課題に合った提案を受けられるでしょう。

ニーズに合わせてリーチすべき地域やターゲットを明確にし、効果的に「お客様」に届けてくれます。
フィードバックもしっかり行っており、消費率のデータ集計や、それを元に今後の販促計画の提案も受けられます。
チラシの反応率を高めるなら、チラシのプロである「チラシ販促ナビ」に任せてみてはいかがですか?