行政や観光業など全国向けの販促もおまかせください。
閉じる

地方自治体・代理店の皆様へ

地方自治体・代理店の皆様へ
地方自治体・代理店の皆様へ

こんなお悩みありませんか?

  • 自治体の自由提案に新しいメディアを盛り込んで紹介したい

  • 指定配布機関以外の、紙の効果的な配布方法がみつからない

  • 政府や各自治体による施策や各種広報は住民への認知度が低い

JTOPにお任せください!

JTOPはアナログな施策で
消費者に手に取ってもらえる場所を提供します。

チラシラック画像

Webでの大量の情報入手が可能になっている時代ですが、私たちは敢えて「紙」のプロモーションに特化した、リアルメディアの総合代理店として販促の提案をさせていただいております。全国30,000箇所以上のチラシラックを管理しております。

費用などの詳細は無料の詳細資料を
ダウンロードしていただき
ご確認ください。

▼ 無料ダウンロードはこちら ▼

株式会社ジェイトップ

チラシラックの強み

デジタルとの組み合わせで
広い世代にアプローチ

政府や自治体の広報入札は『一般市民』がターゲットとなります。 超高齢化社会である日本において、多様な一般市民に効果的・波及的に発信をするにはデジタル広告のみではなく、チラシをデジタル広告や交通広告などと組み合わせることで相乗効果を生みます

マスメディアに匹敵する配布施設

一般市民の身近に存在する、コンビニ・ファミリーレストラン・スーパーなどの集客施設に、ポスター・チラシ・リーフレットなどの様々な形状の紙媒体を設置できます。

行政 リーフレット チラシ ポスター 

コロナ禍でもアプローチができる

飲食店やスーパーのような生活に不可欠なサービスは、緊急事態宣言直後よりも普段通り利用している割合が増加傾向にありました。

コロナ禍の消費傾向グラフ

自粛生活の中でも、オンラインではなく店頭で新しい情報に触れることが日常の楽しみになってきています。


株式会社成城石井の調査の中で、”ネットの活用により食品スーパーで購入する必要がなくなった商品はありますか。”の質問で、最も高いのは「あてはまるものはない(54.8%)」でありました。
このことからコロナ禍においても、直接食品スーパーへ足を運び、直接目で見て比較できる環境を重要視していることが分かります。

コロナ禍の食品スーパーでの購買傾向

チラシラック活用例

マイナカード認知拡大

GoToトラベル訴求

感染予防啓発

LINE公式アカウント加入促進

誹謗中傷防止

給付金申請案内

運用の流れ

運用の流れ

行政案件は
JTOPにお任せください!

全国30,000か所を網羅しつつ物流網を持っているJTOPだからこそ、アナログながらも素早く効率的に、手離れのよい仕事ができます。

実施したいエリアや予算、ターゲットなどを伺い、発注から掲載までワンストップで管理をいたしますのでお忙しい代理店様にも喜んでいただいております。

費用などの詳細は無料の詳細資料を
ダウンロードしていただき
ご確認ください。

▼ 無料ダウンロードはこちら ▼

株式会社ジェイトップ
お電話はこちら 受付時間:平日9時〜18時 メールでお問い合わせ